乳児湿疹の原因を突き止めて赤ちゃんを守ろう

赤ちゃんの合ったものを

哺乳瓶

哺乳瓶は、瓶の素材や乳首の形状などに違いがあります。それぞれの特徴に合わせ、赤ちゃんの成長や使う場所、目的で使い分けます。乳首の素材は赤ちゃんによって好みが分かれるので、何種類か試してみるのがいいでしょう。

More Detail

便利に利用可能です

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんがいる家庭での需要が高まっているアイテムです。簡単にお湯を出すことが出来る点やウォーターボトルの配達をしてくれる点が育児中の人に人気です。赤ちゃんに利用できる水はピュアウォーターであることから、このタイプを配達してくれる会社を選択することをおすすめします。

More Detail

赤ちゃんに多い症状です

乳児

デリケートで柔らかい赤ちゃんの肌はちょっとした刺激で荒れてしまいます。そのため赤ちゃんの肌トラブルは珍しくありません。なかでもとくに多いのが乳児湿疹とよばれるものです。乳児湿疹の症状は肌がかさかさとして赤くなり、痛みやかゆみを伴うのが特徴です。よだれや汗をはじめ食べこぼしなどが原因となるほか、ダニやホコリなども乳児湿疹の大きな原因となってしまいます。この乳児湿疹の症状はアトピー性皮膚炎とよく似ています。アトピー性皮膚炎とは本質的なメカニズムは異なりますが、外部からの刺激に対して免疫システムが反応しているという点においては同質といえます。見た目の症状もよく似ているので、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹と区別するためには皮膚科や小児科で詳しく診察を受ける必要があります。

乳児湿疹の症状は生後2週間程度からよく見られるようになります。これは胎児副腎由来のデヒドロエピアンドロステロンの影響によって肌の皮脂分泌が活発となることも大きな原因となっています。多くの場合は1歳前後までに自然と改善することが多いのですが、それまでの間にしっかりとスキンケアを行うことが早期改善に重要となります。赤ちゃんの肌に乳児湿疹が現れた際は、入浴の際に赤ちゃん用のボディソープをしっかりと泡立てて顔や頭部まで優しく洗ってあげるようにしましょう。乳児湿疹の原因となっている皮脂をこまめに拭ってあげることで、湿疹が広がることを防ぐことができるほか改善するまでの期間も短縮することができます。また入浴後はベビーパウダーを使用して余分な皮脂や汗を吸収して、肌を清潔な状態に保つことも効果的です。

出産を控えたあなたへ

ベビー用品

赤ちゃんのお世話で必須のベビーグッズは、多種多様に存在します。筆頭に挙げられるおむつもその素材や形など、メーカーごとに特色があり選ぶのに悩むママさんも多くいます。近年のベビーグッズは機能性に富み、デザインも豊富なのが魅力です。

More Detail